メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラインブレーク

ラグビーW杯日本大会 第1部 ジャパンの足跡/2 2011年ニュージーランド大会 小野沢宏時さん

小野沢宏時さん=谷口拓未撮影

足りなかった「熱量」

 2011年のワールドカップ(W杯)ニュージーランド大会で、日本は5大会ぶりの2勝目を惜しくも逃した。03年から3大会連続となるW杯に臨み、ニュージーランド戦ではトライを奪った元日本代表WTBの小野沢宏時さん(40)は、チーム内の意思統一の大切さを説いた。【聞き手・谷口拓未】

 11年W杯の1次リーグ最終戦となったカナダ戦は、直前にけが人が出たこともあり、普段通りのプレーをできなかった。

 徐々にリードを詰められる中、チームには「前に出て相手を止めよう」という声はあったが、「前のどこ?」…

この記事は有料記事です。

残り922文字(全文1176文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです