メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラインブレーク

ラグビーW杯日本大会 第1部 ジャパンの足跡/2 2011年ニュージーランド大会 小野沢宏時さん

小野沢宏時さん=谷口拓未撮影

足りなかった「熱量」

 2011年のワールドカップ(W杯)ニュージーランド大会で、日本は5大会ぶりの2勝目を惜しくも逃した。03年から3大会連続となるW杯に臨み、ニュージーランド戦ではトライを奪った元日本代表WTBの小野沢宏時さん(40)は、チーム内の意思統一の大切さを説いた。【聞き手・谷口拓未】

 11年W杯の1次リーグ最終戦となったカナダ戦は、直前にけが人が出たこともあり、普段通りのプレーをできなかった。

 徐々にリードを詰められる中、チームには「前に出て相手を止めよう」という声はあったが、「前のどこ?」という意識の選手もいたと思う。相手も味方も何をするのか分からないという感じで、終盤に追いつかれて引き分けた。あらゆる事態を想定した準備が十分ではなく、チームを仕上げられなかった。

この記事は有料記事です。

残り833文字(全文1176文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  3. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  4. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです