メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

丹下健三

若き日の姿 1950年代、庁舎建設の映像 鳥取・倉吉市職員が撮影

関係者とともに完成した鳥取県倉吉市庁舎を視察する丹下健三(右から2人目)=生田昭夫さん提供

 広島平和記念公園(1955年)や国立代々木競技場(64年)、大阪万博会場(70年)などを手掛けた世界的な建築家、丹下健三(1913~2005)が50年代に設計に携わった鳥取県倉吉市庁舎の建設過程が分かる8ミリフィルムが市内の民家で見つかった。若かりし頃の丹下の姿も確認でき、専門家は「著名になる前の姿が映像として残されているのは珍しい」と話している。【阿部絢美】

 市庁舎は丹下と、丹下が東京大で師事した岸田日出刀(ひでと)(1899~1966)が共同設計し、56…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 川崎中1殺害 「暴行中に殺意」リーダー格の19歳少年
  3. しらかば帳 また帰ってきます /長野
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 「可能性得た」川口祖父母強殺の元少年「こども応援ネット」にメッセージ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです