メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

御大礼奉祝委員会

退位記帳台、伊勢神宮に 予算8割は市 政教分離、疑問も

 天皇陛下が4月30日に退位し、皇太子さまが5月1日に即位することに合わせ、三重県伊勢市や市内の経済団体などで組織する「御大礼(ごたいれい)奉祝委員会」(会長・鈴木健一伊勢市長)が、伊勢神宮内宮の敷地内に「記帳台」を設置し、参拝者らから退位と即位を祝う記帳を受け付ける計画を進めていることがわかった。改元に合わせて神宮参拝を実質的に誘導するととられる可能性があり、専門家から政教分離の観点で疑問の声が出ている。

 同委員会は市が予算の8割を負担している。委員会事務局や市によると、記帳事業は約200万円かけて今春…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文561文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです