メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日露首脳会談 北方領土解決策探り合い 共同作業進めることを確認

共同記者発表に臨む安倍首相(左)とロシアのプーチン大統領=モスクワのクレムリンで2019年1月22日、AP

 【モスクワ秋山信一、大前仁】安倍晋三首相は22日午後(日本時間同日夜)、モスクワのクレムリン(大統領府)でプーチン露大統領と約3時間会談し、北方領土問題を含む平和条約締結に向けて協議した。両首脳は、北方領土問題について、日露両国で受け入れ可能な解決策を見いだすため、共同作業を進めることを確認した。

 プーチン氏は会談後の共同記者発表で「平和条約の問題について多くの時間を割いて話し合った。相互に受け入れ可能な解決策を目指したいと考えている」と述べた。そのうえで「両国の多面的な関係の発展が必要だ」などと述べた。

 一方、首相は、2月中に独・ミュンヘンで外相会談と次官級協議を行い、平和条約交渉を前進させるよう指示…

この記事は有料記事です。

残り1001文字(全文1307文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  2. 質問なるほドリ リュウグウ、どんな小惑星? 炭素多く含む 「はやぶさ2」有機物採取へ=回答・池田知広
  3. レオパレス21 切れる冷房、入居者ブチ切れ 苦情6、7月急増 「節電」自動停止、撤回
  4. 「大好きだよ、はやぶさ2」ブライアン・メイさんが応援メッセージ
  5. 高層ビルで「湯ったり」 若い女性をメインターゲット

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです