メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日露首脳会談 北方領土解決策探り合い 共同作業進めることを確認

共同記者発表に臨む安倍首相(左)とロシアのプーチン大統領=モスクワのクレムリンで2019年1月22日、AP

 【モスクワ秋山信一、大前仁】安倍晋三首相は22日午後(日本時間同日夜)、モスクワのクレムリン(大統領府)でプーチン露大統領と約3時間会談し、北方領土問題を含む平和条約締結に向けて協議した。両首脳は、北方領土問題について、日露両国で受け入れ可能な解決策を見いだすため、共同作業を進めることを確認した。

 プーチン氏は会談後の共同記者発表で「平和条約の問題について多くの時間を割いて話し合った。相互に受け入れ可能な解決策を目指したいと考えている」と述べた。そのうえで「両国の多面的な関係の発展が必要だ」などと述べた。

 一方、首相は、2月中に独・ミュンヘンで外相会談と次官級協議を行い、平和条約交渉を前進させるよう指示したと説明。「相互に受け入れ可能な解決策を見いだすため、私とプーチン氏のリーダーシップの下で力強く進める決意を確認した」と語った。

この記事は有料記事です。

残り936文字(全文1307文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 緊急事態宣言の非科学性

  4. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

  5. 京都市バスが感染対策の新車両導入 換気扇増設や運転手と客席の距離拡大

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです