メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日韓外相会談 双方とも原則的立場に終始 不信感募る日本政府

 【チューリヒ(スイス北部)秋山信一、ソウル堀山明子】元徴用工訴訟で韓国最高裁が日本企業に賠償を命じて以来初となった23日の日韓外相会談は、双方が自国の原則的立場を伝えるにとどまり、関係改善の糸口はつかめなかった。日本は徴用工問題への対応を韓国政府に求めているが、韓国は自衛隊哨戒機が23日に韓国軍艦の近くを低空飛行したと抗議。かみ合わない議論に、日本政府は文在寅(ムン・ジェイン)政権への不信感を募らせている。

 会談は予定の倍となる約1時間に及んだ。日本側同行筋は「率直なやり取りで長引いた。旧朝鮮半島出身労働…

この記事は有料記事です。

残り575文字(全文831文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 夜の表参道そぞろ歩き マクロン仏大統領夫妻
  4. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  5. 官僚はぼろ雑巾か 酷使は国を誤る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです