メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日韓外相会談 双方とも原則的立場に終始 不信感募る日本政府

 【チューリヒ(スイス北部)秋山信一、ソウル堀山明子】元徴用工訴訟で韓国最高裁が日本企業に賠償を命じて以来初となった23日の日韓外相会談は、双方が自国の原則的立場を伝えるにとどまり、関係改善の糸口はつかめなかった。日本は徴用工問題への対応を韓国政府に求めているが、韓国は自衛隊哨戒機が23日に韓国軍艦の近くを低空飛行したと抗議。かみ合わない議論に、日本政府は文在寅(ムン・ジェイン)政権への不信感を募らせている。

 会談は予定の倍となる約1時間に及んだ。日本側同行筋は「率直なやり取りで長引いた。旧朝鮮半島出身労働者(元徴用工)問題に一番多くの時間が割かれた」と語った。ただ、詳しいやり取りは明かされていない。

この記事は有料記事です。

残り527文字(全文831文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  2. 新型コロナ 京都の保育士ら、新たに27人感染 府内903人に /京都

  3. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  4. ハートマークの数で分類 感染者出たススキノ店舗名 札幌市の内部資料が流出

  5. 大阪・吉村知事のうがい薬使用呼びかけに苦情殺到 府に1日で450件

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです