メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

党との関係、後継者……創業者が日本メディアに初めて語ったファーウェイの現状

 中国通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)の創業者で最高経営責任者(CEO)の任正非氏が18日、毎日新聞などの取材に応じた。任氏が日本メディアのインタビューに応じるのは今回が初めて。米国を中心に高まるファーウェイへの逆風に反論し、後継者問題にも言及した。

 インタビュー要旨は以下の通り。

 ――任氏はこれまでメディアにほとんど登場してこなかった。今回、あえてインタビューに応じたのはなぜか。

 ◆広報本部に無理に出てこいと言われたこともあるが、このような時こそ、18万人の従業員に自信を深めてもらい、今後も努力を続けてほしいという思いがあった。お客様や一般消費者によりよく知ってもらうと同時に、世界に対して前向きな発信をして、協業を進めたいと考えている。

この記事は有料記事です。

残り3473文字(全文3800文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 島根で新たに91人が新型コロナ感染 松江市内の私立高校でクラスターか

  2. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  3. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  4. ORICON NEWS 上川隆也、“乗れる”エヴァンゲリオン初号機にご満悦

  5. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです