メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

党との関係、後継者……創業者が日本メディアに初めて語ったファーウェイの現状

 中国通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)の創業者で最高経営責任者(CEO)の任正非氏が18日、毎日新聞などの取材に応じた。任氏が日本メディアのインタビューに応じるのは今回が初めて。米国を中心に高まるファーウェイへの逆風に反論し、後継者問題にも言及した。

 インタビュー要旨は以下の通り。

「客の利益に反することは行わない」

 ――任氏はこれまでメディアにほとんど登場してこなかった。今回、あえてインタビューに応じたのはなぜか。

 ◆広報本部に無理に出てこいと言われたこともあるが、このような時こそ、18万人の従業員に自信を深めて…

この記事は有料記事です。

残り3537文字(全文3800文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 池袋ホテル女性遺体 埼玉の20代男子大学生を逮捕へ

  4. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  5. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです