ウーバーが大阪でもタクシー配車サービス

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
タクシー配車サービスをPRするウーバー日本法人のトム・ホワイト氏(右)と未来都の笹井大義専務=大阪市で2019年1月23日、釣田祐喜撮影
タクシー配車サービスをPRするウーバー日本法人のトム・ホワイト氏(右)と未来都の笹井大義専務=大阪市で2019年1月23日、釣田祐喜撮影

 米ライドシェア大手のウーバー・テクノロジーズは23日、大阪府内のタクシー会社と提携し、大阪市や周辺で専用のスマートフォンアプリを使った配車サービスを始めた。国内でのウーバーによる配車サービスは、昨秋に開始した名古屋市に次いで2例目。2月以降、東北や中国地方でも順次開始する。

 今回の提携先は大阪府守口市のタクシー大手「未来都」で、約500台が配車に対応可能。利用者がアプリに目的地を入力すると、経路や想定される料金、近くの車の位置が表示され、注文を決めると車が来る。料金は、事前登録のクレジットカードで精算する。

 タクシーの利用者は人口減などで減少傾向にあったが、新たな客層として、増加の一途にある訪日外国人に期待する。未来都の笹井大義専務は「ウーバーは世界で圧倒的なブランド力がある。力を借りたい」と話した。

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文676文字)

あわせて読みたい

注目の特集