メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

和牛の受精卵・精液の流通を初調査へ 中国への不正持ち出し問題で

 和牛の受精卵が昨年、不正に中国へ持ち出された問題で、農林水産省は和牛の受精卵や精液の流通実態を確認する初の全国調査に乗り出している。23日には都道府県の担当者に調査協力を要請した。3月に調査結果をまとめ、流通履歴を記録・保存するトレーサビリティー対策を強化する方針だ。

 不正持ち出しは昨年7月に発覚した。中国当局が持ち込みを認めず中国国内に流出しなかったが、農水省は関与したとされる大阪府の男性を家畜伝…

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文506文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 28年ぶり クロネコとシロネコを一新 ヤマトHD100周年で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです