メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公取委、巨大IT調査開始 不利益の強要有無

公取委による調査のポイント

 公正取引委員会は23日、「プラットフォーマー」と呼ばれる巨大IT企業の取引慣行に関する調査を正式に開始した。強い市場支配力を背景に、取引先企業やサービス利用者に不利益を強いていないか調べる。専門家による監視組織の新設や独占禁止法の運用強化など今後の規制策に反映させる方針で、政府が6月までに策定する成長戦略に盛り込む。

 公取委と経済産業省、総務省の合同検討会は昨年12月の報告書で、グーグル、アップル、フェイスブック、…

この記事は有料記事です。

残り599文字(全文809文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. 名古屋 車庫に男性遺体 パチンコ台メーカー社長

  3. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  4. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  5. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです