メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スバルが国内生産停止 ハンドル補助装置に不具合

スバルのロゴマーク=同社提供

 SUBARU(スバル)は23日、部品の不具合の影響で、国内唯一の完成車工場である群馬製作所(群馬県太田市)の操業を16日から停止していると発表した。生産への影響は2万台に上る可能性があり、不具合のある部品を搭載した車両の一部は出荷済みという。操業停止から発表まで1週間が経過しており、改めて同社の管理体制や情報提供体制が問われそうだ。

 同社によると、不具合があったのは「電動パワーステアリング」と呼ばれるハンドルの回転を補助する装置で、機能が停止しハンドル操作が重くなる恐れがあるという。

 対象は群馬製作所で生産している「フォレスター」「インプレッサ」など3車種。2018年12月下旬~19年1月16日に製造された車両に搭載されている可能性があり、同社で不具合の詳しい原因を調べ、同社はリコール(回収・無償修理)も含めた対応を検討している。

 16日に不具合の可能性が判明し、3車種のほか、「レガシィ」やトヨタ自動車に供給する「86(ハチロク)」など全9車種の生産・出荷を停止した。部品の対策にめどが立ったため早ければ28日から操業を再開する。

 公表までに時間がかかったことについて、同社は「開示に足る情報を収集していた」と説明し、操業停止が業績に響く可能性がある点について、「開示すべき事項が発生した場合は速やかにお知らせする」としている。

 スバルは17年秋以降に完成車の検査不正が相次ぎ、累計リコール数は53万台に上った。同社は今月、品質の確保を優先するため、19年の国内生産台数を前年実績比約2%減の65万台とする計画を発表している。【松本尚也】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  2. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  3. プロ野球 中日・松坂、腕引かれ右肩炎症 選手の安全か、ファン優先か 警備強化、対応に苦慮
  4. おかあさんといっしょ 「すりかえかめん」も終了 よしお兄さん「だじゃれはアドリブ」
  5. トランプ氏ノーベル平和賞推薦 米から依頼 野党「恥ずかしい」と首相批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです