メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大規模金融緩和からの「出口」遠のく 日銀決定会合

記者会見で質問に答える黒田東彦・日銀総裁=東京都中央区で2019年1月23日午後3時52分、後藤豪撮影

 日銀は23日の金融政策決定会合で、物価の見通しを大幅に下方修正するとともに、現行の超低金利政策の継続を決めた。世界経済の減速懸念が強まる中で、大規模金融緩和からの「出口」は一段と遠のいた形だ。今後景気悪化が現実のものになった場合、政策出動する余地はほとんど残されておらず、日銀の苦悩は深まっている。

 「(2%の物価上昇率目標の)達成時期を先送りしたわけではない。モメンタム(勢い)は維持されている」。決定会合後に記者会見した黒田東彦総裁は、物価の押し下げは一時的との見方を強調し、2%目標の達成は可能と繰り返した。

 だが、現実には2%目標は遠のく一方だ。昨年9月に1.0%だった消費者物価上昇率(生鮮食品を除く)は…

この記事は有料記事です。

残り1120文字(全文1428文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. 宮迫さん契約解消 終息の「落としどころ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです