メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プーチン氏「長く地道な作業ある」 日露平和条約交渉の速度に温度差

 【モスクワ秋山信一、大前仁】安倍晋三首相は22日夕(日本時間23日未明)、モスクワでロシアのプーチン大統領と会談後の共同記者発表で、北方領土問題を含む平和条約交渉を「さらに前進させるよう(河野太郎外相らに)指示した」と述べた。一方、プーチン氏は「(条約締結の)環境作りに向けて長く地道な作業がある」と強調。「解決策は両国民に支持されるものでなければならない」とも語り、交渉を急ぐ首相との温度差が浮かんだ。

 会談は予定を1時間超えて約3時間に及んだ。両首脳は日露平和条約締結に向けて「相互に受け入れ可能な解…

この記事は有料記事です。

残り729文字(全文982文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. アクセス 韓国で暴行された日本女性、なぜたたかれるのか

  3. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  4. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  5. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです