韓国前最高裁長官の逮捕状審査 元徴用工訴訟遅らせ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ソウル堀山明子】ソウル中央地裁は23日、元徴用工訴訟の最高裁判決を遅らせた職権乱用疑惑などで、朴槿恵(パク・クネ)前政権で最高裁トップだった梁承泰(ヤン・スンテ)前長官の逮捕状発付の是非に関する審査に入った。梁氏は5時間の審査を受けた後、拘置所で待機。地裁は23日深夜か24日未明、逮捕を認めるか請求を棄却するか判断する。

 ソウル中央地検は梁氏を11日から3回にわたり聴取したが、全面否認したため、逮捕状を請求していた。

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文503文字)

あわせて読みたい

注目の特集