メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

韓国前最高裁長官の逮捕状審査 元徴用工訴訟遅らせ

 【ソウル堀山明子】ソウル中央地裁は23日、元徴用工訴訟の最高裁判決を遅らせた職権乱用疑惑などで、朴槿恵(パク・クネ)前政権で最高裁トップだった梁承泰(ヤン・スンテ)前長官の逮捕状発付の是非に関する審査に入った。梁氏は5時間の審査を受けた後、拘置所で待機。地裁は23日深夜か24日未明、逮捕を認めるか請求を棄却するか判断する。

 ソウル中央地検は梁氏を11日から3回にわたり聴取したが、全面否認したため、逮捕状を請求していた。

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文503文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声が出なくなった」市川海老蔵さん、歌舞伎座を休演
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 「未明に自宅で突然刃物で首を刺された」高2男子が被害 男は逃走 埼玉・蕨
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです