中国、カナダに圧力強める ファーウェイ幹部、米引き渡し期限迫る

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ファーウェイ幹部拘束の経緯と米中通商協議の動き
ファーウェイ幹部拘束の経緯と米中通商協議の動き

 【北京・河津啓介、赤間清広】カナダ当局が米国の要請で中国通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟副会長兼最高財務責任者(CFO)を拘束した問題で、中国がカナダへの圧力を強めている。米国が今月末の期限までに孟氏の身柄引き渡しを要請すると表明したからだ。中国はカナダに対して報復を示唆するものの、今月末は米中通商協議のヤマ場が重なるため、難しいかじ取りを迫られている。

 ロイター通信によると、米司法省報道官は22日の声明で、30日までに、カナダに対して孟氏の引き渡しを正式要請すると表明した。

この記事は有料記事です。

残り731文字(全文979文字)

あわせて読みたい

注目の特集