トキワ荘通りにシェアキッチン 「シャッター通り」活性化に期待 東京・豊島区

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
トキワ荘通りのビル1階にオープンした「コマワリキッチン」=東京都豊島区南長崎2で2019年1月22日、福沢光一撮影
トキワ荘通りのビル1階にオープンした「コマワリキッチン」=東京都豊島区南長崎2で2019年1月22日、福沢光一撮影

 ビルの空きフロアをリノベーション(再生)したシェアキッチン「コマワリキッチン」が22日、東京都豊島区南長崎2のトキワ荘通りにオープンした。食品衛生責任者の資格があれば、あらかじめ登録した業者が自分の屋号でこの場所に出店し、製造や販売を行うことができる。区は「シャッター通り」になったトキワ荘通りの活性化に期待している。

 コマワリキッチンは、区の補助金を受けた不動産会社「ジェクトワン」(渋谷区)が運営する公民連携事業。関係者によると、4階建てのビルの1階にはかつてラーメン店があったが、十数年以上前に閉店して空き店舗となった。同社は1階の約40平方メートルをシェアキッチンに改修。業務用ガスコンロ3口やコンベクションオーブン、冷凍冷蔵庫や対面ショーケースを設け、飲食営業許可を取得した。

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文704文字)

あわせて読みたい

注目の特集