メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

診療報酬8000万円不正受給か 熊本・公立玉名中央病院

診療報酬の不正受給が発覚した公立玉名中央病院=熊本県玉名市で2019年1月23日午前10時4分、中里顕撮影

 熊本県玉名市の公立玉名中央病院が嘱託医1人の勤務時間を水増しして常勤と装い、医療保険や患者からの診療報酬を不正に請求していたことが病院への取材で判明した。2015年4月以降、嘱託医が担当した検査の報酬約8000万円の大半が不正受給だったとみられる。病院は「安易にやってしまった」とし不正分を返還する。

 同病院によると、不正請求したのは患者の血液や尿の検査に対して支払われる「検体検査管理加算」で、常勤…

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文457文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  2. 警察がユニークなポスターで若者「確保」 志望者減続き
  3. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. 竹島、最古の地図発見 1752年に航路示す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです