メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「無罪を主張します」ビットコイン殺人、首謀者22歳 名古屋地裁初公判 

 名古屋市西区のパート従業員、野田みゆきさん(当時53歳)が殺害され滋賀県内で遺体が見つかった事件で、首謀者として強盗殺人、死体遺棄などの罪に問われた無職、西田市也被告(22)は23日、名古屋地裁(斎藤千恵裁判長)の裁判員裁判初公判で、起訴内容について「この場では無罪を主張します」と述べた。弁護側は殺害したことなど起訴内容を大筋で認めつつも、事件当時に責任能力がなかったとして無罪を主張した。 

 西田被告は殺害後、野田さんの仮想通貨ビットコインを自身の口座に移したとして電子計算機使用詐欺罪でも…

この記事は有料記事です。

残り576文字(全文824文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

  3. かべちょろ 「かべちょろ」の謎探る 北九州の博物館学芸員、都城出身・江頭さん 呼び方で日本初の学術的アンケート /宮崎

  4. 不良集団 「半グレ」4団体トップ逮捕 大阪で摘発強化

  5. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです