メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

誤って高圧幹線を切断 大阪・高槻で病院など停電

停電のため来店客に営業中止を知らせる従業員(右端)ら=大阪府高槻市の「アル・プラザ高槻」で2019年1月23日午後0時26分、池田一生撮影

 23日午前4時5分ごろ、大阪府高槻市八丁畷町で、市発注の水道工事に伴い配水管を敷設するための掘削作業中、作業員が誤って関西電力の高圧幹線(2万ボルト)を切断した。JR高槻駅周辺で、高圧幹線から電気の供給を受けている大阪医科大付属病院(同市大学町)など大規模な5施設が停電した。関西電力によると、午後0時半現在、復旧の見通しは立っていないという。一般家庭への影響はない。

 同病院は停電発生後、自家発電に切り替えて応急対応し、予定していた一部の手術は実施したが、外来診療や…

この記事は有料記事です。

残り406文字(全文641文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 三重南部で猛烈な雨 尾鷲市で9353世帯に避難指示

  4. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  5. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです