メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

常連3000人「山とみ」 名物おかみ、先斗町に別れ

店をたたむ知らせを受けて訪れた客らと乾杯する柴田京子さん(左手前)=京都市中京区で2019年1月20日午後7時11分、川平愛撮影

 京都市中京区の繁華街・先斗町(ぽんとちょう)の名物おかみ、柴田京子さん(76)=同市山科区=が、初の東京五輪を控えた1964年2月に始めた食事処(どころ)「山とみ」を31日でたたむ。大正初期に祖母が開いたお茶屋を気軽に飲める店に変えて55年。南座に出演する俳優や文化人にも親しまれ、花街が移りゆくさまを映した店だった。外国人観光客が通りを埋める中、おかみは生まれ育った町を去る。

 大根、厚揚げ、里芋、つみれ。おでん鍋の前に立つ柴田さんはかっぽう着姿。戸の鈴が鳴るたびに「おいでや…

この記事は有料記事です。

残り818文字(全文1058文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです