メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇太子さまが最後の講義 「最も身近な研究者は父と祖父」

学習院女子大で講義される皇太子さま=東京都新宿区で2019年1月23日午後1時4分(代表撮影)

 皇太子さまは23日、学習院女子大(東京都新宿区)で、学生時代から続けられる日本中世史などの研究をテーマとする講義を行った。同大での講義は2003年からで、14回目。5月の天皇即位を控え、今回が最後になるとみられる。

 講義の題名は「史料と向き合う―40年の研究生活を振り返って―」。皇太子さまは、学習院大(豊島区)や英オックスフォード大での研究経験などを基に、「史料を丹念に読み込み、多くのことを読み取っていく作業がとても大切」と学生ら約160人に語りかけた。

 また「最も身近な研究者は天皇陛下であり、祖父の昭和天皇であったかもしれない。分厚い本を見ながら話し…

この記事は有料記事です。

残り443文字(全文723文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 犬の頭上から猫が生えてきている? SNSで話題の“ひょっこりにゃん”写真が撮れた理由とは

  2. 植松被告接見一問一答(18~26回目)「死刑になるつもりはないです」「価値のある人間になりたいと思っていた」

  3. 桜を見る会 内閣府「論理破綻」の内幕と説明 名簿廃棄後も復元試みず

  4. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

  5. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです