福岡県が部落差別解消推進条例案を提案へ 制定されれば都道府県で初

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 2016年12月に施行された「部落差別解消推進法」の実効性を高めるため、福岡県は差別解消のための県の責務などを盛り込んだ部落差別解消推進条例案を県議会2月定例会に提案する方針を固めた。制定されれば都道府県で初とみられる。

 同法は、インターネット上で差別的な書き込みが増えていることなどを背景に施行された。しかし、罰則規定がない理念法…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文418文字)

あわせて読みたい

ニュース特集