メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

胃がんX線検査の隔年化に異論 「早期発見可能性が低下」宮城県対がん協会が指摘

 国が推奨する胃がん検診が、2016年度に「エックス線検査を毎年」から「エックス線か内視鏡検査のどちらかを1年おき」に改められたが、エックス線検査の間隔を毎年から隔年に広げるとがんを早期発見できる可能性が低くなるとの研究結果を、宮城県対がん協会がまとめた。「隔年化は慎重にすべきだ」と指摘している。

 胃カメラを使った内視鏡検査はエックス線検査よりがん発見の精度が高いとされ、16年度の検診から自治体が内視鏡も選べるようになった。間隔は検査に伴う事故のリスクなどを考慮し原則2年に1回に変わったが、間隔の違いと効果の関係に着目した詳細なデータはなかった。

 同協会がん検診センターは、02~14年度に県内でエックス線検査により胃がんが見つかった4975人の…

この記事は有料記事です。

残り373文字(全文699文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 交番で警官刺され拳銃奪われる 防犯カメラに映った男の画像公開
  4. 内閣支持率40% 「年金だけでは2000万円不足」報告書の麻生氏対応「納得できない」68% 毎日新聞世論調査
  5. 交番襲撃 包丁刺さったまま身よじらせ 近隣住民「早く捕まって」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです