「とにかく怒らずに」正確プレーで大坂25年ぶり快挙 全豪テニス

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
エリナ・スビトリナを破って準決勝に進出した大坂なおみ=AP
エリナ・スビトリナを破って準決勝に進出した大坂なおみ=AP

 【メルボルン新井隆一】テニスの全豪オープンで、大坂なおみ(日清食品)が四半世紀にわたる歴史の空白を埋めた。23日の準々決勝でエリナ・スビトリナ(ウクライナ)に勝ち、日本勢25年ぶりとなる女子シングルス4強進出。大会後に発表される世界ランキングで、日本テニス史上初のシングルスでのトップ3入りも確実にした。

 最後はスマッシュで決めると、拳を握って喜びをかみしめた。4大大会の女子シングルスで日本勢が2大会連続で4強入りしたのは初の快挙だ。

この記事は有料記事です。

残り507文字(全文726文字)

あわせて読みたい

注目の特集