メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

AZrena

自転車の“車輪”でボールを扱う。サイクルサッカーには長い歴史が

情報提供:アズリーナ

自転車とサッカーを組み合わせたスポーツ 「サイクルサッカー」は、実は日本で戦前から普及活動が行われている歴史ある競技です。1957年に初めて国内での普及が図られ、1967年に日本自転車競技連盟内に開発研究委員会が発足されました。

サイクルサッカーというのは日本だけの呼び名で、英語ではサイクルボール、ドイツ語ではラドバルと呼ばれています。日本の競技人口はまだまだ少ないものの、アジアではトップレベルに位置しているとのことです。

動画引用元:JCF

サイクルサッカーは屋内でも野外でも行なわれていますが、それぞれ参加人数が異なり、屋内では1チーム2人制、野外では5人制となります。ボールは直径17〜18センチと、小学生用のサッカーボールよりも小さく作られており、なおかつあまり弾まないようにできています。

サッカーは足でボールを扱うスポーツですが、サイクルサッカーは車輪でボールを扱います。自転車を操縦する技術が求められるので、プロサッカー選手でも苦戦してしまいそうですね。


情報提供:アズリーナ

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  4. マラソン・小出義雄氏が指導者勇退 高橋尚子さん、有森裕子さんら育てる
  5. 池袋暴走 87歳男性、痛めた足で運転か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです