メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

金欠ファミリー必見! 乗れば満足も不人気がゆえに安値の中古ミニバン4選

情報提供:カートップ

金欠ファミリー必見! 乗れば満足も不人気がゆえに安値の中古ミニバン4選

人気ジャンルミニバンも車種によって人気はまちまち

 3列シートを備えて多人数乗車にうってつけなミニバンはファミリーカーとして人気のジャンルとなっている。しかし、どんな3列シートでもいいのかというとそうでもないらしく、同じコンセプトのモデルでも車種によって人気にばらつきがあるようだ。そこで今回は、3列シートを備えながら中古車市場で手ごろな価格で狙えるモデルをご紹介したい。

1)マツダ・プレマシー(3代目)

ミニバン

 スライドドアを持つ3列シート車ながら、全高をおさえマツダらしいスポーティなハンドリングを持ち合わせたモデルとなっていた3代目プレマシー。2013年のマイナーチェンジでは、ミニバン初の「SKYACTIV TECHNOLOGY」を採用し、エンジンとトランスミッションを一新している。

ミニバン

 しかし、背が低いものの立体駐車場に入るサイズではないという点が微妙だったのか、他社のミニバンに比べると販売面では苦戦し、中古車市場でも手ごろな価格で狙うことができる1台となっている。もちろん、前述したように、走りの面でのポテンシャルは高いので、退屈なミニバンには乗りたくないというユーザーにはオススメしたいモデルだ。

ミニバン

2)日産ラフェスタ(初代)

ミニバン

 プレマシーと同じく全高が低めの5ナンバーサイズコンパクトミニバンだった日産ラフェスタ。電動シェードとUVカット機能を備えた大型サンルーフである「パノラミックルーフ」を装着し、背の低さによる室内の圧迫感を緩和した意欲作であった。

ミニバン

 しかし、価格帯が重視されがちなファミリーカーにあっては、大型サンルーフは不評だったのか、マイナーチェンジでオプション設定となってしまっている。その後、ハイウェイスターのみフルモデルチェンジされ、前述の3代目プレマシーのOEM車となったが、従来型をラフェスタJOYとして併売していたため、意外と高年式で手ごろな価格の個体を見つけることができる。

ミニバン

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
  2. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  3. トランプ氏相撲観戦 升席で「特別扱い」
  4. 徴用工問題 財団での救済案浮上も文在寅政権は消極姿勢崩さず
  5. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです