メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
特集ワイド

梅原猛さんの「遺言」 京都で細川元首相とかみしめる

梅原猛さんのお気に入りだった居酒屋「喜幸」で梅原さんをしのび、杯を傾ける細川護熙さん=京都市下京区で2019年1月20日、川平愛撮影

「文明災」乗り越えろ

 93歳で亡くなった哲学者の梅原猛さんは晩年、東日本大震災での原発事故を「文明災」ととらえ、現代社会の病理を批判した。また戦前回帰志向を強める安倍晋三政権を憂えていた。そんな梅原さんに背中を押されたというのが元首相の細川護熙さん(81)だった。一夕、京都は木屋町の小さな居酒屋で、梅原さんをしのんだ。【鈴木琢磨】

 高瀬川のほとりの路地にある「喜幸」ののれんをくぐり、カウンターに座れば、至福の「京都時間」が始まる…

この記事は有料記事です。

残り2687文字(全文2903文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです