メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

病、それから 指し続けてうつ乗り越えた 将棋棋士・先崎学さん

妻で囲碁棋士の穂坂繭さんと一緒に立ち上げた囲碁・将棋スペース「棋楽(きらく)」で将棋の駒を持つ先崎学さん=東京都杉並区で

「必ず治る」道しるべに 突然の変調、すぐ受診 心強かった兄のLINE

 将棋の先崎学九段(48)は才能豊かな棋士として知られているが、2017年にうつ病を発症し、約1年間休場した。回復までの日々を赤裸々に描いた「うつ病九段」(文芸春秋)を出版、話題を呼んでいる。人気棋士はどう病気を乗り越え、元気を取り戻したのだろうか。

 体調がおかしいと感じたのは6月23日でした。なぜ正確に覚えているかというと前日が47歳の誕生日で、…

この記事は有料記事です。

残り1315文字(全文1524文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  2. 立憲候補ポスター板ごと切り取り 陣営「あげたのに…」 兵庫県警捜査
  3. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  4. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  5. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです