メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
どうすれば安全安心

病、それから 指し続けてうつ乗り越えた 将棋棋士・先崎学さん

妻で囲碁棋士の穂坂繭さんと一緒に立ち上げた囲碁・将棋スペース「棋楽(きらく)」で将棋の駒を持つ先崎学さん=東京都杉並区で

「必ず治る」道しるべに 突然の変調、すぐ受診 心強かった兄のLINE

 将棋の先崎学九段(48)は才能豊かな棋士として知られているが、2017年にうつ病を発症し、約1年間休場した。回復までの日々を赤裸々に描いた「うつ病九段」(文芸春秋)を出版、話題を呼んでいる。人気棋士はどう病気を乗り越え、元気を取り戻したのだろうか。

 体調がおかしいと感じたのは6月23日でした。なぜ正確に覚えているかというと前日が47歳の誕生日で、…

この記事は有料記事です。

残り1315文字(全文1524文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  5. 米カジノ大手、大阪IR見送り 横浜に注力

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです