メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宝塚歌劇

雪組公演「ファントム」 際立つ幻想性が魅力=評・小玉祥子

「ファントム」。真彩希帆のクリスティーヌ(手前)、望海風斗のファントム=宝塚歌劇団提供

 ガストン・ルルーの小説「オペラ座の怪人」が原作のミュージカル。アーサー・コピット脚本、モーリー・イェストン作詞・作曲、中村一徳潤色・演出。

 2004年の初演以来、宝塚の各組で演じられてきたが、今回の4度目の上演でまた新たな魅力が生まれた。要所で映像(鄭在眞)を用い、背景に無数のロウソクを並べるなど、パリ・オペラ座の地下に広がる空間に住まう怪人ファントム(望海風斗(のぞみふうと))の幻想性を際立たせる工夫が凝らされている。

 歌手志望のクリスティーヌ(真彩希帆)は、シャンドン伯爵(彩凪翔、朝美絢)の紹介で、オペラ座で働くこ…

この記事は有料記事です。

残り529文字(全文792文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  2. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

  3. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  4. 首相、施政方針で「台湾」に言及 異例の演説、どよめきと5秒間の拍手も

  5. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです