メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

『団地の給水塔大図鑑』刊行 風景の中の記憶、残す 小山祐之さん、全国662基撮影

堺市の大阪府営八田荘住宅には関西に多い「とっくり型」の給水塔が3基並ぶ=小山祐之さん撮影

 建ち並ぶ団地の中でひときわ強い存在感を放つ給水塔。その多彩な姿にフォーカスした書籍がこのほど刊行された。『団地の給水塔大図鑑』(小山祐之著・シカク出版)。全国の400基超を収録、老朽化などにより解体の運命にある昭和の建造物を未来へと伝える貴重な図鑑だ。

  ■  ■

 近年、給水塔の写真集の刊行が相次いだ。2015年には『給水塔Beyond The Water Tower』(比留間幹著・リトルモア)が、17年には『TOKYO WATER TOWER』(オオタマサオ著、太田準也写真・地球丸)が出版された。63基を収めた前者が風景の中にたたずむ給水塔を捉えれば、後者は抑えた色調で役割を終えつつある東京の55基に「レクイエム」をささげる。いずれも給水塔写真の「金字塔」とたたえられるベッヒャー夫妻(ドイツ)の写真集『WATER TOWERS』(1988年)に刺激されたアート色の濃いものだ。

 一方、『大図鑑』に登場する給水塔の多くは、突き抜けるような青空を背景にその威容を見せる。寂しげな要…

この記事は有料記事です。

残り797文字(全文1242文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 逃走の男は顔見知りか

  5. 新潟女性殺害で25歳男を指名手配 刃物で突き刺した殺人の疑い 県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです