メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音楽劇

「糸井版 摂州合邦辻」 玉手御前に焦点、スケール感ある物語に ロームシアター京都で来月10、11日

(左から)監修・補綴の木ノ下裕一、俊徳丸役の田川隼嗣、玉手御前役の内田慈、演出・音楽の糸井幸之介=畑律江撮影

 文楽や歌舞伎で知られる名作を再構成する「木ノ下歌舞伎」の新作「糸井版 摂州合邦辻(せっしゅうがっぼうがつじ)」が、2月10、11の両日、京都市左京区のロームシアター京都サウスホールで上演される。

 ロームシアター京都がレパートリーとして製作する音楽劇。現代における歌舞伎作品の上演の可能性を探る京都の団体「木ノ下歌舞伎」主宰の木ノ下裕一と、歌と踊りを多用した「妙(みょう)ージカル」と称する作品群で知られる東京の団体「FUKAIPRODUCE羽衣」の糸井幸之介が、上演台本を共同執筆。木ノ下が監修・補綴(ほてつ)、糸井が演出と音楽を担当する。

 「摂州合邦辻」は1773年に大坂で初演された浄瑠璃作品。河内国(現在の大阪周辺)の大名の次男、俊徳…

この記事は有料記事です。

残り422文字(全文743文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会の『さ』の字もカジノ汚職の『か』の字もない」首相演説に沸き立つ疑問

  2. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  3. 日大ラグビー部、無期限活動停止 部員が大麻所持容疑で逮捕

  4. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  5. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです