メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
音楽劇

「糸井版 摂州合邦辻」 玉手御前に焦点、スケール感ある物語に ロームシアター京都で来月10、11日

(左から)監修・補綴の木ノ下裕一、俊徳丸役の田川隼嗣、玉手御前役の内田慈、演出・音楽の糸井幸之介=畑律江撮影

 文楽や歌舞伎で知られる名作を再構成する「木ノ下歌舞伎」の新作「糸井版 摂州合邦辻(せっしゅうがっぼうがつじ)」が、2月10、11の両日、京都市左京区のロームシアター京都サウスホールで上演される。

 ロームシアター京都がレパートリーとして製作する音楽劇。現代における歌舞伎作品の上演の可能性を探る京都の団体「木ノ下歌舞伎」主宰の木ノ下裕一と、歌と踊りを多用した「妙(みょう)ージカル」と称する作品群で知られる東京の団体「FUKAIPRODUCE羽衣」の糸井幸之介が、上演台本を共同執筆。木ノ下が監修・補綴(ほてつ)、糸井が演出と音楽を担当する。

 「摂州合邦辻」は1773年に大坂で初演された浄瑠璃作品。河内国(現在の大阪周辺)の大名の次男、俊徳…

この記事は有料記事です。

残り422文字(全文743文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訪日客人気スポット「チームラボ」菅長官が視察「来年は4000万人に」

  2. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

  3. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  4. 社会 甲子園のツタ、復活せず 全体覆うのにあと10年 耐震工事で一時撤去

  5. 移転する「おふくろの味」警察署長が感謝状 滋賀・高島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです