メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いわて人模様

宮古地区で民間初の猫の譲渡会開く 梶山幸江さん(42) /岩手

 保護された猫の里親を見つけようと、宮古地区初の民間による譲渡会を19日に開いた。会場を提供してくれた宮古市のいわて生協ベルフ西町店の好意で今後も毎月1回、定期開催していく。

 今月の譲渡会では、個人が保護している生後半年までの子猫7匹が同店2階の会場に持ち込まれた。買い物帰りなどに訪れた親子連れは、懸命に生きるかけがえのない命で心がほかほかに。スタッフがケージから外に出して抱かせると、親も子も「可愛いー」。その様子を、目を細めて見守った。

 もともと猫は大好きで、10代の頃には雌の捨て猫を飼ったこともある。最近は譲渡会のきっかけを作ってく…

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文702文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「絶滅」一転、イノシシ被害7300万円 山形、越冬できないはずが…

  2. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  3. グレタさん、自己紹介欄に「ガキ」 ブラジル大統領の「あんなガキ」発言で

  4. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  5. 札幌・JR琴似駅近に無人ホテル 訪日客の利用期待

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです