メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
三浦按針

ゆかりの地踏破へ エラスムス立像所有の寺を出発 神奈川の田口さん、佐野から長崎まで1500キロ /栃木

 徳川家康の外交顧問を務めた英国人、三浦按針(ウィリアム・アダムス)ゆかりの地を徒歩で踏破しようと、神奈川県横須賀市の会社役員、田口義明さん(71)が23日、按針を乗せた帆船の船尾像「木造エラスムス立像」(国重要文化財)を所有する佐野市上羽田町の龍江院(大沢光法住職)を出発した。4カ月かけて臨終の地、長崎県平戸市まで約1500キロを歩く計画だ。【太田穣】

 田口さんの地元の横須賀・逸見地区は家康から与えられた按針の領地で、国史跡の按針の墓「按針塚」もある…

この記事は有料記事です。

残り630文字(全文858文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  4. 試合後、誰よりも早く本塁に向かった星稜の主将「相手をたたえたかった」

  5. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです