神事

伝・護良親王の首級を公開 都留・石船神社 /山梨

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 都留市朝日馬場の石船神社で15日、後醍醐天皇の皇子、護良(もりなが)親王(1308~1335年)と伝わる首級が公開された。

 神社を運営する「宮世話」の交代に際し、ご神体としてあがめる首級を確認する神事。神職が本殿から首級を取り出し、保管状況を確かめた。

 親王は、鎌倉幕府の討幕計画に尽力して建武新政…

この記事は有料記事です。

残り206文字(全文356文字)

あわせて読みたい

注目の特集