メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女性機関士

初の誕生 経験積み技術磨く 犬山・博物館明治村の永井実和さん /愛知

 犬山市の「博物館明治村」を走る人気の蒸気機関車(SL)の機関士に、初めて女性が就任した。同村職員で村内を巡回している京都市電を運転していた永井実和さん(25)。高い運転技術が必要なSL機関士に転向した永井さんは23日、初運転を終え、「緊張しましたが迫力があって楽しかった」と話した。

 永井さんは2016年、乗り物担当職員として入社。京都市電の運転士となったが、SLに乗りたいとの思いが強くなり、機関士を志願した。昨年8月から研修に…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文540文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです