メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宝塚ワールド

タカラヅカ 「霧深きエルベのほとり」星組上演 切なく情熱的な恋 /兵庫

人情味あふれる船乗り、カールを熱演した紅ゆずる=宝塚大劇場で

 宝塚歌劇団星組がミュージカル「霧深きエルベのほとり」(上田久美子潤色・演出)を宝塚大劇場で上演している。劇作家・菊田一夫氏が歌劇のために1963年に書き下ろした作品で、36年ぶりの再演。トップスターの紅ゆずると娘トップの綺咲愛里が身分違いの恋を切なく情熱的に演じる。2月4日まで。【文・生野由佳、写真・山田哲也】

 ドイツ北部の港町を舞台に、年に一度の「ビア祭」の日に出会った男女の物語。船を降りた水夫・カール(紅…

この記事は有料記事です。

残り397文字(全文604文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  2. 常勝ホークス作った王さん 「俺は本当に悔しい」深夜の激白から19年目の雪辱

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです