メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

すみたにのわかやマニア

/26 「蝶屋」の特盛り花束 お客様の笑顔も満開 /和歌山

フラワーショップ「蝶屋」を営む廣田さん夫妻(写真上の中央と右)。店には色とりどりの花が並ぶ=すみたに提供

 どうも~お兄ちゃんの匡俊です。本年もよろしくお願いいたします。ではさっそく、父のとれたて天然話からお届けします。

 正月に家族で鍋をしていた時のことです。締めに雑炊といきたいところでしたが、いただき物の高級なお米を炊いていたので、炊きたてをそのまま食べることに。「うまい、うまい」と米を頬張る父に、僕の奥さんが「これを巻いて食べてください」と、のりと明太子を渡しました。すると父は、のりを米ではなく、分厚い明太子に巻いて一口で食べたのです! 正月から「ノリノリ」の父でした。

 新しい年、出会いもあれば別れもあります。そんな時、心のこもった花束をプレゼントされてはいかがでしょ…

この記事は有料記事です。

残り1063文字(全文1350文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 池袋ホテル女性遺体 埼玉の20代男子大学生を逮捕へ

  4. 女性遺体、窒息死か 殺人容疑で捜査 ホテルの部屋、男が出入り 東京・池袋

  5. 死因は窒息死 両足首がビニールひもで縛られる 池袋・ホテル女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです