メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はがき随筆

12月度「ふくおかナンバーワン」 みやま市・河野鶴江さん /福岡

 ◆RKBラジオ「二丁目お茶の間劇場」で27日放送

妻の心温める夫の気遣い

 「はがき随筆」の第178回(12月度)県内月間最優秀作品「ふくおかナンバーワン」は、12月12日の筑後面に掲載されたみやま市、河野鶴江さん(66)の「缶コーヒー」に決まりました。

 夫が毎日買う缶コーヒーを通して、45年連れ添う夫婦の愛情を描いています。夫が置いた缶コーヒーはジャンパーに巻かれ、遅れてハウスに着く妻はジャンパーをひざにかけ、缶コーヒーを飲んで農作業を始めます。体を温めるだけでなく、夫の気遣いが妻の心をいつも温めます。豊かな感受性を持つからこそ秀逸な作品に仕上げることができました。

 この作品は今月27日午前10時45分ごろ、RKB毎日放送のラジオ番組「二丁目お茶の間劇場」で朗読、…

この記事は有料記事です。

残り503文字(全文839文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  3. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  4. 「桜を見る会」廃棄されたはずの内閣府資料あった 2014~19年の招待者数も公表

  5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです