メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日露首脳会談

北方領土、進展なく 共同作業継続

 【チューリヒ(スイス北部)秋山信一、モスクワ大前仁】安倍晋三首相は23日午前(日本時間同日夜)、スイス東部ダボスで講演し、プーチン露大統領と22日に行った北方領土問題を含む平和条約交渉について「平和条約が締結されれば両国だけでなく、極東の平和と繁栄、安定に大きなプラスになる」と述べ、早期の締結に意欲を示した。首脳会談は目立った進展がなく、共同記者発表でも両首脳の交渉に対する温度差が浮き彫りになった。

 首脳会談後の共同記者発表で、首相は条約交渉に関し「2月中に外相間の交渉を行い交渉をさらに前進させる…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文506文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さんと吉本、平行線 大崎会長「持ち帰らせてくれ」
  2. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  3. 山本冷遇の記憶 極楽・加藤 吉本トップを痛烈批判 松ちゃんにも「大先輩におこがましいが…」(スポニチ)
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. 首相、韓国が「約束一方的に破っている」 日韓関係「信頼の問題だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです