メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日韓外相会談

徴用工協議、再要請 韓国側、明確に返答せず

 【チューリヒ(スイス北部)秋山信一、ソウル渋江千春】河野太郎外相は23日午前(日本時間同日夜)、訪問先のスイス東部ダボスで、韓国の康京和(カンギョンファ)外相と会談した。韓国最高裁が元徴用工訴訟で日本企業に賠償を命じた問題で、河野氏は日韓請求権協定に基づく政府間協議に応じるよう改めて要請したが、康氏は従来の韓国の立場を示すにとどまり、明確に返答しなかった模様だ。両氏は海上自衛隊哨戒機の飛行を巡っても、応酬を繰り広げ、日韓関係の相互不信を露呈した。

 両外相が直接会って協議するのは、昨年10月の韓国最高裁判決後初めて。予定の倍以上の65分間に及んだ…

この記事は有料記事です。

残り441文字(全文717文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです