メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

巨大IT企業

公取、調査開始 取引慣行、把握図る

公取委による調査のポイント

 公正取引委員会は23日、「プラットフォーマー」と呼ばれる巨大IT企業の取引慣行に関する調査を正式に開始した。強い市場支配力を背景に、取引先企業やサービス利用者に不利益を強いていないか調べる。専門家による監視組織の新設や独占禁止法の運用強化など今後の規制策に反映させる方針で、政府が6月までに策定する成長戦略に盛り込む。

 公取委と経済産業省、総務省の合同検討会は昨年12月の報告書で、グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン・コムの米4社(GAFA)に代表される巨大IT企業の取引慣行について「不透明」と指摘。実態把握のため公取委による大規模な調査を実施する方針を打ち出していた。

この記事は有料記事です。

残り454文字(全文746文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  5. 池江選手「生きていることが奇跡」 白血病公表後初のメディア 報ステ出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです