メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

巨大IT企業

公取、調査開始 取引慣行、把握図る

公取委による調査のポイント

 公正取引委員会は23日、「プラットフォーマー」と呼ばれる巨大IT企業の取引慣行に関する調査を正式に開始した。強い市場支配力を背景に、取引先企業やサービス利用者に不利益を強いていないか調べる。専門家による監視組織の新設や独占禁止法の運用強化など今後の規制策に反映させる方針で、政府が6月までに策定する成長戦略に盛り込む。

 公取委と経済産業省、総務省の合同検討会は昨年12月の報告書で、グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン・コムの米4社(GAFA)に代表される巨大IT企業の取引慣行について「不透明」と指摘。実態把握のため公取委による大規模な調査を実施する方針を打ち出していた。

この記事は有料記事です。

残り454文字(全文746文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア・スラウェシ島の地震、死者34人に 600人以上負傷

  2. 全国で新たに7133人感染 重症者は934人で最多更新

  3. 吉川元農相、異例の在宅起訴 端緒は河井夫妻捜査 養鶏業界実力者が図った政界工作

  4. ORICON NEWS 『半妖の夜叉姫』公式が注意喚起、スタッフのなりすましツイッター確認

  5. 陸自3佐を女児へのわいせつ容疑で逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです