メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

ネットの政治リスク=坂東賢治

 <moku-go>

 厳しい言論統制のイメージが強い中国だが、インターネット、とりわけスマホの普及は情報量を飛躍的に拡大させた。規制をかいくぐるスマホアプリを通して海外サイトにアクセスし、情報を得る若者も少なくない。

 中国国内にも当局が手出しを避ける「聖域」が存在する。北京の米国大使館が運営する中国版SNS「微博(ウェイボー)」のアカウントだ。

 19日にはここに1984年1月に訪米した趙紫陽首相とレーガン大統領が握手する写真が掲載された。国交…

この記事は有料記事です。

残り784文字(全文1007文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  4. マラソン・小出義雄氏が指導者勇退 高橋尚子さん、有森裕子さんら育てる
  5. 池袋暴走 87歳男性、痛めた足で運転か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです