メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディア時評

「沖縄と元号」が映し出す国民の多様性=倉橋耕平 社会学者

 年末年始は「平成最後の」という決まり文句がメディアを席巻した。崩御による自粛ムードとなった「昭和」の終わりと、改元があらかじめ分かっている「平成」の終わりでは、その雰囲気は全く異なる。元号とは、この国で生活するものにとってなんなのだろうか。

 毎日新聞の12月13、14、17日朝刊に連載「代替わりへ 沖縄と元号」が掲載された。明治時代に清の元号「光緒」を用いていた琉球は、日清戦争後に本土との同化を迫られた。そして、占領期の沖縄は西暦を使用した。治外法権を日本国憲法下で是正したいとの思いによって復帰期待が高まった1971年には元号を公文書で使うと決めた。が、72年の復帰後の基地政策に幻滅した沖縄2紙は79年には元号法を批判し、日付表記を「西暦(元号)」…

この記事は有料記事です。

残り495文字(全文824文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検
  4. 近畿、中国、四国も、最も遅い梅雨入り
  5. WEB CARTOP 制限速度135km/hオーバーで逮捕の会社員! 果たして罰則はどうなる?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです