メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディア時評

「沖縄と元号」が映し出す国民の多様性=倉橋耕平 社会学者

 年末年始は「平成最後の」という決まり文句がメディアを席巻した。崩御による自粛ムードとなった「昭和」の終わりと、改元があらかじめ分かっている「平成」の終わりでは、その雰囲気は全く異なる。元号とは、この国で生活するものにとってなんなのだろうか。

 毎日新聞の12月13、14、17日朝刊に連載「代替わりへ 沖縄と元号」が掲載された。明治時代に清の元号「光緒」を用いていた琉球は、日清戦争後に本土との同化を迫られた。そして、占領期の沖縄は西暦を使用した。治外法権を日本国憲法下で是正したいとの思いによって復帰期待が高まった1971年には元号を公文書で使うと決めた。が、72年の復帰後の基地政策に幻滅した沖縄2紙は79年には元号法を批判し、日付表記を「西暦(元号)」…

この記事は有料記事です。

残り495文字(全文824文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  2. 第74回毎日映画コンクール 大賞に「蜜蜂と遠雷」 美しい映像で音楽表現 優秀賞「新聞記者」

  3. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  4. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです