メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
英国・EU

離脱延期論も メイ首相は慎重 合意なき混乱懸念

英国会議事堂近くで英国旗を手にするEU離脱賛成派(前列中央)とEU旗を持つ反対派=ロンドンで2019年1月21日、AP

 【ブリュッセル八田浩輔、ロンドン矢野純一】英国の欧州連合(EU)離脱を巡る混迷が続く中、3月29日に定められた離脱日の延期を視野に入れた動きが英・EU内で広がっている。離脱条件を定めた合意案が英議会を通らないまま離脱日を迎えれば、経済や市民生活に混乱が出るためだ。メイ英首相は離脱日延期に慎重な姿勢を崩していないが、EU側では最悪の事態の回避に向けた現実的な選択肢の一つと位置付けられ始めた。

 離脱予定日はEU基本条約に基づき、英国が離脱を通知した日から2年後の今年3月29日と定められた。延…

この記事は有料記事です。

残り693文字(全文940文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです