メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日銀

決定会合 物価見通し、大幅下方修正 緩和出口遠のく

記者会見で質問に答える黒田東彦・日銀総裁=東京都中央区で2019年1月23日、後藤豪撮影

 日銀は23日の金融政策決定会合で、物価の見通しを大幅に下方修正するとともに、現行の超低金利政策の継続を決めた。世界経済の減速懸念が強まる中で、大規模金融緩和からの「出口」は一段と遠のいた形だ。今後景気悪化が現実のものになった場合、政策出動する余地はほとんど残されておらず、日銀の苦悩は深まっている。【土屋渓】

 「(2%の物価上昇率目標の)達成時期を先送りしたわけではない。モメンタム(勢い)は維持されている」…

この記事は有料記事です。

残り1227文字(全文1432文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  5. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです