メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

総務省

ソフトバンクに指導 12月の通信障害、社内外連携要求

 総務省は23日、昨年12月に大規模な通信障害を起こしたソフトバンクに対し、電気通信事業法に基づき、再発防止と社内外の連携体制の改善などを求める行政指導を行った。

 ソフトバンクは昨年12月6日、約4時間半にわたり、携帯電話の音声通話とデータ通信が利用できないか利用しにくい状態となり、全国で約3060万回線に影響が出た。

 携帯電話はライフラインとして重要性が高まっており、110番などの緊急通報が使えないなど社会的影響が…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文518文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. 2019参院選 開票結果・比例代表(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです