メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

神谷悠一さん=LGBT関連法制定へ奔走

LGBT法連合会事務局長の神谷悠一さん=東京都文京区で2019年1月18日、宮間俊樹撮影

神谷悠一(かみや・ゆういち)さん(33)

 今月から、LGBTなど性的少数者に関する法律制定を目指す全国組織「LGBT法連合会」の事務局長に専念する。同時に、ゲイ(男性同性愛者)であることを隠さずに生きていくと決めた。「晴れやかな気持ち」と笑顔を見せる。

 高校時代、ゲイの友達を作ろうとインターネットを介しさまざまな境遇の人に出会い、人間の多様性を実感したことが原体験にある。LGBTを人権課題として語る政治家の記事を雑誌で読み、当事者の悩みは政治や社会につながると知った。国会議員事務所でのアルバイトや労働者団体の全国組織への就職で…

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文667文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  2. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁

  3. こんぴらさん名物「石段かご」26日に終了 担ぎ手高齢化「苦渋の決断」

  4. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  5. サラリーマン川柳 「我が家では 最強スクラム 妻・娘」 第33回サラリーマン川柳優秀100句を発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです