メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成の記憶

記者の記録 平成の企業不祥事 噴き出したよどみ 競争激化、統治欠如

ペコちゃん人形の隣であいさつをする不二家の社員ら=大阪市中央区で2007年3月、望月亮一撮影

 バブルが崩壊し、経済のグローバル化が進んだ平成の30年間。企業不祥事も形を変えながら途切れることなく発覚し続けた。企業トップが頭を下げる謝罪会見は日常化。コーポレートガバナンス(企業統治)やコンプライアンス(法令順守)が声高に叫ばれてはいるものの、時代が変わっても企業がある限り、不祥事はなくなりそうにない。

この記事は有料記事です。

残り3622文字(全文3777文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 65歳以上のワクチン接種は4月以降 河野行革相が言及

  3. 政府のウィズコロナ「間違っている」? 疫学専門医師が訴える「ゼロコロナ戦略」とは

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. 60歳以上へのワクチン優先接種、死者減に効果 米コロラド大などが分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです