メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成の記憶

時代の伝言 平成の企業不祥事 持続可能経営、人材が鍵 弁護士・久保利英明さん(74)

久保利英明弁護士=宮武祐希撮影

 平成は元年のリクルート事件に始まり、バブル崩壊に伴う金融機関の不祥事、相次ぐ製造業の品質不正、そして日産自動車のカルロス・ゴーン前会長の逮捕。時代の流れに応じて形を変えながら次から次へと出てきた。この30年間はまさに企業不祥事の連続だった。

 不祥事の形態が変わったとはいえ、背景に共通しているのは経営の失敗だ。経営がしっかりしていない理由はガバナンス(企業統治)が利いていないからだろう。競争が激化し経済のグローバル化が進むにつれて不祥事が増えてきた面もある。リストラやコストカットにとらわれるあまり、ガバナンスが手ぬるくなるのは当たり前だ。

 多くの企業はコンプライアンスの意味を誤解している。「法令順守」と訳されるが、そうなると「法律がない分野だから違反ではない」「納期を守るために一生懸命やったのだから悪くない」という論理になる。コンプライアンスとは社会的適合性であり、社会の要求した契約やルールを守ることが企業には求められている。

この記事は有料記事です。

残り775文字(全文1194文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです