メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第77期名人戦A級順位戦 久保利明王将-深浦康市九段 第31局の2

紅潮した表情

 久保のゴキゲン中飛車に対し、深浦は舟囲いの布陣で対抗した。図の[後]7二飛は昼食休憩後に指された一手だ。

 1人の持ち時間が6時間という長丁場の順位戦では、時間がゆっくりと流れていく。昼食休憩再開後の午後は双方の持ち時間にまだまだゆとりがあり、特に時の流れがゆっくりと感じられる時間帯である。普通は双方ともにまだまだ余裕が感じられるものだが、本局では深浦の紅潮した表情が印象に残った。この日の対局室は、確かに暖房が利き過ぎているところもあったのだが、深浦はサウナにでも入っているかのような真っ赤な顔をしており、本局に懸ける気迫が表情ににじみ出ていた。図は久保の手番だというのに深浦…

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文740文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京メトロ東西線の線路上に支障物 一時全線運行見合わせ 飯田橋駅付近

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  3. 「富士山ビュー特急」運転席でふれあい 富士急イベントに親子連れが参加 山梨

  4. ヘイトスピーチ反対運動続けた崔江以子さんらに人権賞 罰則条例制定に貢献 東京弁護士会

  5. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです