メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
くらしナビ・ライフスタイル

虐待なくすため生かされた 「インリバ」結成1年

講演会場には、写真家の長谷川美祈さんが撮影した作品が飾られていた=東京都大田区の聖フランシスコ子供寮で、坂根真理撮影

 親からの虐待被害に遭った3人の当事者グループ「インタナリバティ・プロジェクト」(略称・インリバ)が今月、結成から1年を迎えた。壮絶な仕打ちをどう受け止めたのか。どんな支援があれば救われたのか。体験談が共感の輪を広げつつある。

 ●「弟の死」語る

 昨年11月に東京都内であったインリバの講演会。大学教授や主婦ら100人以上が駆けつけ、メンバー3人の言葉に熱心に耳を傾けた。

 橋本隆生さん(40)=活動名=が体験を明かすことを決めたのは弟の存在が大きい。

この記事は有料記事です。

残り1919文字(全文2144文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです